あなたの家はどう?ゴミ屋敷の定義と片付けるポイントとは!

最近よくテレビ番組などでゴミ屋敷という言葉を聞きますが、いったいどういった状態を言うのでしょうか?
ゴミ屋敷の定義ははっきりしませんが、ある程度の定義があると言えばあります。

汚い部屋とは散らかってはいるものの、日常生活が送れる程度に散らかっている状態を言います。

いっぽうで、ゴミ屋敷というのはゴミで家全体があふれかえっており使えないものでいっぱいの状態のことです。

そんなゴミ屋敷。
どうやって片付ければいいのでしょうか?
ここでゴミ屋敷を片付ける際のポイントをまとめてみます。

ゴミ屋敷を片付ける際のポイント

まずは分類を

まず、ゴミ屋敷を片付けるのに大切なのは分類すること。
ゴミ屋敷に住む人はこの分類が苦手なことが多いです。
分類する場合、あまり細かく行わずおおまかに行うことが大切です。

ゴミ屋敷になるような人は使ったものを元通りに直すことが得意ではありません。
細かく分類することで日ごろの片づけが嫌になってしまい、またゴミ屋敷に戻ってしまうことがあります。

収納する

次に、収納していきます。
ただ、収納する際には収納のためのアイテムを増やすのは禁物です。
今ある収納スペースに入るだけの分量になるよう片付けていきましょう。
もし、収納するスペースが不足している場合、必要なものは残していいですが、必要でないものはきっぱりと捨てるようにしましょう。
ゴミ屋敷にする人はたいてい自分が持つべきものの分量をつかめないのである分の収納スペースに入るだけのものを収納しましょう。

ものを置く場所を決める

さらに、これはどこに置く・・と決めるようにし、いざ使うとなった時に探さなくてよくなるようにしましょう。
そうすれば、買わずにすむためむだな出費を抑えられるでしょう。
それに、使ったら元通りの場所に戻すだけで部屋がもので散らかる心配もないでしょう。

何か買ったら何かを捨てる

ゴミ屋敷にする人はものを買っても必要ないものを捨てるということをしません。
ゴミ屋敷を片付けたいなら、何か新しいものを買ったらいらないものを同じ数だけ捨てるようにしましょう。
そうすれば、収納スペースが足りなくなるもともなく、所有しているものの数が増えすぎる心配がありません。

まとめ

ゴミ屋敷の定義やゴミ屋敷を片付けるポイントをまとめてみました。

あなたの家はゴミ屋敷にあてはまりましたか?
もし、あてはまることがあったら、ここでご紹介したポイントを押さえていただき、1日でも早くゴミ屋敷から脱出してくださいね!

サブコンテンツ

このページの先頭へ